物件事例

 小規模解体撤去物件(家でいらなくなった物の処理)

納屋・物置小屋・農機具小屋・倉庫などの小物件、その他リフォーム改修工事や解体工事に伴う不要品、撤去物、及び残置物など、特にリフォーム改修の場合スケルトン解体と呼ばれる手作業にての解体撤去が主になります

木造建築物件(戸建て / 在来工法・枠組壁工法・ログH)

木造建築物も年々劣化が進み傷んできます。
解体工事は建替えや土地利用など多くのケースで実施され様々な廃棄物が排出されます。 周りの状況や環境をふまえた施工が大切になります。
当社は多くの木造建築の解体実績を通して、工法や規模にあった方法で安全かつ安心そして丁寧に施工を行います。

プレハブ・軽量鉄骨(倉庫・工場・車庫など)

プレハブ建築には大きく分けて鉄鋼系及び木質系があり解体工事に際しては、様々な廃棄物が排出されます。
一般住宅・仮事務所・倉庫など用途や規模も様々で一見外部からはプレハブに見えないような建物まであり日々進化を遂げています。
建築の際と同様に解体もスピーディーな対応が要求されます。

鉄骨造(S造 / ビル・倉庫・工場など)

躯体部材に鉄・鋼製を用い、通常は重量鉄骨ラーメン構造が一般的であり、S造又はS構造とも言います。
鉄骨構造には重量及び軽量があり、鉄骨の厚みにより組み上げられる建築物の規模または用途が異なります。
それぞれの物件に即して安全な解体計画を作成し近隣の環境に最大限配慮した作業内容を心がけます。

鉄筋コンクリート造(RC造 / ビルなどの大型物件)

鉄筋にて骨組みを配しそれらを型枠で囲みコンクリートを流し込んで造 ります。 耐震耐火に優れ中高層建築物に多く用いられています。
中高層がゆえに解体作業時、重機使用に際しても特殊なアタッチメントを用い熟練したオペレータ及び作業員が安全かつ慎重に現場状況を考慮して施工を行います。

 鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造 / ビルなどの中型物件)

基本構造は骨組みを鉄骨、その周囲をコンクリートで造る構造で、重量があり基礎が大きくなるケースがあります。
鋼材がコンクリートに被覆されているため工法が外見から判断しにくいことが多く、日本で独自に発達した構造形式である。解体及び撤去に際しても煩雑な作業を必要とします。

 アスベスト撤去工事(アスベスト含有建材処理)

解体工事に於いてアスベストを含む撤去対象物の処理を抜きにして工事を進めることは難しくなっており、事前の確認及び調査は必ず必要です。 お客様の健康被害を防止するため、さまざまな措置を講じ安心かつ安全に信頼のアスベストに関する処理を推進します。

土木構造物(橋梁など)

橋の解体では橋の分割撤去が必要となる場合があります。その場合、解体重量とクレーン能力を勘案した的確な計画を立てることが重要となります。

特殊建築物件(焼却炉・立体駐車場・ダイオキシン含有物処理)

各種プラント・各所工場・貯蔵タンク・発電設備など多種多様な解体工 事にも長年の経験を通して最善の解体工法を提案し、安全で迅速な施工を推進します。
また解体撤去作業に伴いさまざまな有害物質の処理が発生する場合、処理対象物を熟知し適切に処理します。

特殊機械物件(工場内などの設備機械)

工場や施設の移転、移動に伴い、設備や機械を解体撤去又は移動、可燃物や廃液の処理など状況に適応した作業が必要になります。
機械解体撤去の場合、搬出以外は屋内での作業が大半で溶断解体作業と場内運搬作業がメインになります。
作業には安全と慎重さがもっとも重要になります。

耐震改修工事

地震に対する建物の耐震性が強く叫ばれる現在、耐震性能は何よりも命を守るため重要なの基準となります。
現在施行されている耐震基準以前の建物に対して安全性の確保を図るため耐震補強工事は行われます。
オクダは斫り・切断・穿孔作業及び撤去物の処理など解体分野から最大限のサポートを行います。

大型建造物から室内の解体まで、確かな技術力で対応。安心・静粛・迅速に作業を実施します。

 解体のことなら何でもご相談下さい。
 株式会社オクダ  TEL:0744-32-5414
    お問合せフォーム:24時間受付 TEL受付:月曜~土曜 午前9:00~午後6:00
Email:naraoffice@kk-okuda.jp

Copyright (C) Okuda-kaitai All Rights Reserved.